上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

気象庁は16日、群馬・長野県境の浅間山の山頂火口で、

ごく小規模の噴火が起きたとみられると発表。

同日午前9時半頃、山頂から約4キロ北の「鬼押出し」で、

微量の降灰を確認。

気象庁は引き続き噴火警戒レベル2の火口周辺警報を発表して、
 
火口からおおむね2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に
 
警戒するよう呼びかけている。
 
浅間山の周辺には雲がかかっているため噴煙などの様子は確認できず、
 
空振と呼ばれる噴火に伴う空気の振動は確認されていない。

浅間山は長野と群馬の県境にある標高2568メートルの活火山で、
 
周辺には軽井沢などの観光地が点在。
 
平成16年9月に発生した噴火では、関東や東北の広い範囲に
 
火山灰が降ったほか、6年前の平成21年2月から3月にかけても
 
小規模な噴火が発生。
 
その後、ことし4月下旬ごろから火山性地震が増加し、
 
今月には放出される二酸化硫黄の量が大幅に増加しているのが
 
観測され気象庁は火山活動が高まっていると考えられるとして、
 
今月11日、浅間山に噴火警戒レベル2の火口周辺警報を発表し、
 
警戒を呼びかけていた。
 
政府は、関係省庁や地元自治体と連絡を取り合うなどして、
 
被害が出ていないかなど、現地の状況の把握に努めている

また、警察庁は、地元の警察と連絡を取って、ヘリコプターで
 
上空から確認するなどして被害が出ていないか確認を急ぐ。
関連記事
スポンサーサイト

2015/06/16 11:07 | 未分類  TOP

 | ブログトップ | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。